半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

南極点のピアピア動画

『南極点のピアピア動画』(野尻抱介,ハヤカワ文庫JA)読了。

なんという胸熱。
紛れもないハードSF。
(短編4作からなる連作ですが)特に、3作目の終盤の展開にはゾクゾクした。
あと、4作目の選曲が自分的にドストライクで、泣きそうになった。

本作では、個々の動きが結節して話がどんどん大きくなっていくサマや、
その動きに居合わせる臨場感というかライブ感というのも、魅力なのかなと思います。
文字にすると、何言ってんだか伝わらない気もしますが。
一言でいえば、wktk。話がwktkの連鎖なんですよ。

法律や条例も、こんな風に寄ってたかって「進化」させていったら、
さぞかし面白いものができるのかな、などと夢想しました。ピアピア法務部、なんつて。

ミクもニコ動も知らないとなると、ちょっと厳しいかもしれないけど、オススメの一冊です。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<損害賠償請求権の放棄の議決 | HOME | 空港連絡橋利用税>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |