半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

異議無きときは沈黙をもって答えよ

厚生労働省がパブコメを行っています。

 障害者の雇用の促進等に関する法律施行令及び身体障害者補助犬法施行令の一部を改正する政令案等に関する意見の募集について

内容は障害者雇用率等の引上げ等のようです。
審議会の答申が出たので早速、というところでしょう。

 民間企業の障害者雇用率を2.0%とすることなどの方針を了承
 ~「障害者雇用率等について(案)」の諮問及び答申~

施行は平成25年4月1日からの予定。

で・す・が。

パブコメの日程等は次のとおり。

 案の公示日 2012年05月24日
 意見・情報受付開始日 2012年05月24日
 意見・情報受付締切日 2012年05月30日
 意見提出が30日未満の場合その理由

本政令案等は、事業主に対して一定の障害者の雇用を義務づけている障害者雇用率等の引上げ等を平成25年度から行うものである。
障害者雇用率については、障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)第43条第2項において、労働者及び失業者の総数に対する身体障害者又は知的障害者である労働者及び失業者の総数の割合を基準として設定するものとし、少なくとも5年ごとに、当該割合の推移を勘案して政令で定めるとされており、障害者である労働者の数等に応じて機械的に設定されるものであること、事業主が新たに障害者を雇用するに当たり、採用に係る準備や職場環境の改善等に要する期間を適切に確保する必要があることから、できるだけ早期にその内容を確定させ、広く事業主に周知を行う必要がある。


早期に確定させたいという、この政令の公布は、6月中旬予定とのこと。

事業主への周知も大切だと思いますが、事業主が引上げに異議を唱える機会(期間)を確保することも大切なのではないかと愚考。(引上げに反対という主張ではないです、念のため)
また、パブコメを、やったというアリバイに堕してはいけないとも愚考。

とはいえ、企業にとっては、意見提出期間が長いのと、採用計画に早く反映できるのと、どちらが大切なのかな。
ま、意見があっても、国に率を変える考えはないのでしょうが。

ぐだぐだ書きましたけど、期間の設定に文句が出やしないか、率直に心配なわけです。余計なお世話ですが。

追伸 あ、そうだ、うちの人事の担当に率が上がること教えておこうっと。



「異議あり! このパブコメは欲望の穢れに満ちているぞ」

(チリーン、という鐘の音あり)

「ネズミめ、現れおったな」

以下略。

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ニュース雑感(2012/5/28) | HOME | どうするぅ?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |