半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

それぞれ

用例を探していると、へぇ、と思うものを見つけることがあります。

複数の例規を一括改正する際、経過措置を書き連ねるのが煩わしい場合があります。
みなし規定とか、様式の取り繕いとか、単純に同じことを書かなければならない場合、
 第○条による改正後のA規則の規定による…は、…
 第×条による改正後のB規則の規定による…は、…
 第△条による改正後のC規則の規定による…は、…
のようになるところです。

そのような、同じ内容を繰り返す場合、「改正後のそれぞれの条例(規則)の規定による…は、…」という表現でまとめることができます。
「それぞれ」というのは、こういう使い方もあるんですね。簡便かつわかりやすいので、なかなか有効だと思います。

「改正後のそれぞれの」で検索するとヒットしますので、実例を御確認ください。

助言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前にずらす | HOME | サイコロ2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |