半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

いじめは滅びぬ。何度でもよみがえるさ!

(タイトルにさほどの意味はありません。全くないわけでもないですが)

いじめ対策に取り組むのは結構なことだけど、
それ以前に、
他人に危ないことをさせて平気とか、
他人に金をたかって平気とか、
なんでそんな人間が存在してしまっているのか、
それが不思議でならない。

現象への対処は必要として、原因への対策は、どうしたらいいんだろう?
(誰かを守るためには、いっそ“時計仕掛けのオレンジ”を考えるときなのか?)


そんなところに

 ワタミ会長 いじめ発覚なら担任教師の給料下げるべきと提案(NEWSポストセブン) - livedoor ニュース
 http://b.hatena.ne.jp/entry/news.livedoor.com/article/detail/6858941/

 朝日新聞デジタル:《いじめている君へ》春名風花さん - いじめと君
 http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/special/ijime/TKY201208160557.html

見事な対比だこと。


※独り言です。議論する気はありませんので、放置願います。

独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<地域主権・3-2 | HOME | 政務活動費>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |