半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

法令の自主解釈

法令の自主解釈というのは、好き勝手でいいって意味ではなく、解釈通知や行政実例に代わりうる、新たな標準(スタンダード)を打ち立てるってことだと思います。

なので、都合よく、ダブルスタンダード、マルチスタンダードに運用していいのでは、ありません。また、自治体ごとにバラバラなのが許容されていいという話でもないはずです。

一自治体におけるルールにとどまらず、他の自治体にも通用する(をも拘束する)ような解釈が、真に自主解釈なのではないでしょうか。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キラキラ条例 | HOME | がんばったその先にあるのが、本当の笑顔だと思うから>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |