半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

最高規範性

自治基本条例や議会基本条例では、最高規範性が謳われることがあります。

条例どうしでの最高規範性なんてのは幻想かもしれませんが、
精神の上では、それらしくふるまってもいいはず。

どうするか。

憲法は法律を引用しない。
法律は政令を引用しない。
条例は規則を引用しない。
法形式の上下関係から、これは当然のことです。

なので、
最高規範性を持たされる条例は、
自分より下位に置くべき条例を引用すべきでない
ということがいえます。

議会に関しては、地方自治法に由来して、定数条例や政務調査費条例がありますが、
これらを引用しないこと。
法と、法に基づく条例の間に「割って入る」、
そしてどのような条例の定め方をするかを規定するのが上位の規範たるものです。

ためしに比べてみましょう。

 (政務調査費の執行及び公開)
第n条 政務調査費は、議員が政策立案又は提案を行うための調査及び研究に資するため交付されるものであることを認識し、●●市議会政務調査費の交付に関する条例(略)に定めるところにより適正に執行しなければならない。
2 政務調査費の収支報告書及び会計帳簿は、積極的に公表しなければならない。
3 議会は、政務調査費条例の改正に当たっては、議会の役割及び活動状況を踏まえ、議会内で十分に検討するものとする。


 (議員及び会派の積極的な政務調査活動)
第n条 議員及び会派は、法第100条第14項の規定に基づき交付される政務調査費を有効に活用し、政策提言等に活かすよう積極的に市政に関する調査研究を行わなければならない。

違いがおわかりいただけますでしょうか。

あるいは、

4 前3項に定めるもののほか,政務調査費の具体的な運用にあたっては,●●市議会政務調査費の交付に関する条例(略)に定めるところによる。


4 前3項に定めるもののほか,政務調査費の具体的な運用については,別に条例で定める。

としてみた場合の違いはいかがでしょうか。

あとからできた身だろうと、前からある条例の上に君臨する。
そういうのが、最高規範性の表し方かと思います。

寝言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キラキラ地名 | HOME | 今・変わる!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |