半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

地方財政のヒミツ

『地方財政のヒミツ』(小西砂千夫,ぎょうせい)入手。

よさげだったので手を出してみました。
まえがき・あとがきのほか、ざっーと眺めただけですが、これは良著。

交付税について、地財について、非常にまっとうなことが書いてあります。

例えば、交付税がある程度複雑なのはしかたがないとするところ。
世間によくある補正係数悪玉論に与しないのは、嬉しいですねえ。
(当たり前のことを喜ぶのもどうかと思いますが…)

そう。補正係数は、少しの面倒と引き換えに、きめ細かな算定もしてくれるのだ。
要は、有利になる側面があるのであって、むしろ増やしたいと思っても不思議はない。
算定の簡素化をいう方もいますが、それでかえって損したら、何にもならないのにね。
おっと、閑話休題。

内容の半分は、薄い本(地方交付税のあらまし)でもわかりそうなものですが、
馴染みの薄い方には、よい橋渡しになってくれるのではないでしょうか。

私も、よく読んで、改めて勉強したいと思います。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヱヴァQ | HOME | 古いスタイルの法律>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |