半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

アニメの舞台

気がつけば、前回の更新から間があいてしまいました。

ええと、kei-zuさんから話を振られたので、これ幸いと、ちょっと雑談をば。

「TARI TARI」は見てませんでした。
その代り、といってはなんですが、「輪廻のラグランジェ」の鴨川女子高等学校のモデルとなった学校が、リアルTARITARI状態というお話を小耳にはさんだりラジバンダリ。

その鴨川は、積極的にタイアップを図ったケースでしたが、結果はいかがでしたでしょうかね。
よければ、それに越したことはないのですが。
ファン心理としては、自ら発掘していくほうが、熱くなれるような気がしなくもなく。
(ネットを(私が)見ている範囲では、最近では茨城県大洗のほうが、熱は高いように思いましたが…気のせい?)

で、次はここ?
 はやくも“特定”が本格化 アニメ「たまこまーけっと」の聖地巡礼
 http://b.hatena.ne.jp/articles/201301/12278

いずれにしろ、見慣れた街が舞台になるのもよし、舞台を訪れるもよしですね。


そうした流れで、地元の熱意が途切れないというのもよいもので、
「花咲くいろは」の劇中祭だった「ぼんぼり祭り」は、第2回が開催されました。
 http://www.yuwaku.gr.jp/bonbori/index-b.html

さらにはこんな話さえ。
 花いろに憧れ「仲居男子」 湯涌の旅館
 http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20130112401.htm

こちらも息が長い。
 ももねこカラーで町を元気に
 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201301080036.html


以上、とりとめもなく雑談(小ネタ紹介)でした。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<陽だまりの彼女 | HOME | 私を知らないで>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |