半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

重版出来!

『重版出来!』(松田奈緒子,小学館ビッグコミックス)

マンガに関わる人々の超骨太人間ドラマ!

「マンガ」は、漫画家だけのものじゃない。
編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員…。
数えきれないマンガの裏方たちのリレーで、読者の手に届くもの。
そう、裏方の熱き想いがあるからこそ「マンガは売れる」んです!

マンガに関わる一人ひとりの人間ドラマをぐいっと描く本作、
全ての仕事人へのエール漫画です!!!


「じゅうはんしゅったい」と読むのだそうで(知らなかった

業界ものとして愉しめました。
出版部数って、編集と営業の綱引きなのか、ふーむ。

本が売れるようになっていく過程というのは、なかなかドラマチックです。
裏には、いろんな人がいて、いろいろな努力があるんですね。

ヒットを横目にモブが言う、「なんでこんな漫画が売れてんのかわっかんねぇわww」に対する答えが

しびれます

か、かっこいい……

見倣いたいですね、仕事に対するこの自信と誇り。
(あ、いまが「ユーレイ」ってワケではないですよ、念のため)


試し読みありの 特設サイト がありますので興味のある方はどうぞ。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<〇増伍減 | HOME | ニュース雑感(2013/3/27)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |