半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

地方財政を健全化し、自立を促進する

交付税なし市町村3倍を目標に 総務省、地方の自立促進で(47NEWS)
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051601001924.html

 総務省は16日、税収が豊かで国からの地方交付税がなくても財政運営できる市町村の数を、2012年度の47から3倍に増やす目標を決めた。地域活性化を支援して地方の独自税収を増やし、歳出も抑制して今後5年程度で達成することを想定している。新藤義孝総務相がこの日の経済財政諮問会議で表明した。

※強調は引用者による


経済財政諮問会議の資料はこちらで
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2013/0516/agenda.html


みっくみくの職員さんたちは、一騎当千の地方の味方だと私は信仰しています。
それでも、いまの政権下では、給与減額措置の要請のようなことも起きます。シカタナイネ。

報道のあったこの件については、反射的にあれやこれや思いましたが、今日のところは、
情勢を注視してまいりたいと存じますということで。


追記(5/19)
一点だけ。
集中改革プランの再来だけは勘弁してほしいと切に願います。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コンクリートなんでも小事典 | HOME | 出た>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |