半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

ニュース雑感(2013/7/19)

前回の更新からずいぶんと日が空いてしまいました。

このところで気になったニュースといえば、やはり、宝塚市の一件です。
職員が殴られるといったニュースは時々ありますが、火を放つとは、さすがに普通じゃありません。
自分の部署が火炎瓶を投げつけられることはないと思いますが、とりあえず、手近の消火器の場所は確認してしまいました。

さて、今日の本題はこちら。

50cc超バイク「無免許運転」…測ってみたら48cc(朝日)
http://www.asahi.com/national/update/0713/TKY201307120476.html

排気量50cc以下の原付きバイクの免許しかもっていないのに、西東京市内で50cc超のバイクを運転したとして、道路交通法違反(無免許運転)などの罪で起訴された国分寺市の男性(68)の裁判が12日、立川簡裁であり、検察側は無罪を求刑した。男性が乗っていたバイクのナンバーは50cc超のバイク用のものだったが、実際に排気量を測ってみると48ccだった。判決は19日。


ブログの更新をサボっているうちに判決も出てしまいまして、無罪になったそうです。

これはなんだろう、と不思議だったのですが、 はてなブックマーク によると、「書類チューン」なるものがあるんですね。

軽自動車税は高くなりますから脱税にはなりませんが、虚偽の申請ではあります。迷惑な話です。
既に注意を払っている自治体もありますが、未対策の自治体は、何かしてもよさそうです。

ところでこの事件、報道からは、エンジンが50cc以下であることを本人が知っていたかどうかがよくわかりません。
知っていたとすれば、確かに無免許運転ではありませんが、知らなかったとすれば、本人の主観的には無免許運転をしていたことになります。そういう場合でも罪にならないでよいのか、知りたい気はします。(刑法理論的には、しかたない?)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<パチンコ店の出店規制 | HOME | どうしても、なってもらう>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |