半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

地方自治法の一部を改正する法律

   地方自治法の一部を改正する法律
 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)の一部を次のように改正する。
 第二編第六章第四節中第百八条の次に次の一条を加える。
第百八条の二 普通地方公共団体の議会の議員は、議長及び副議長の解職の請求をすることができる。
  議長及び副議長の解職の請求の動議を議題とするに当つては、議員の定数の八分の一以上の者の発議によらなければならない。
  普通地方公共団体の議会の議長及び副議長は、第一項の規定による解職の請求の議決において、過半数の同意があつたときは、その職を失う。
   附 則
 この法律は、公布の日から起算して三月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。



議長辞職勧告を可決 松前町議会(愛媛新聞)
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130926/news20130926071.html

 愛媛県松前町議会の議長続投問題で、申し合わせ任期(1年)満了を迎えた三好勝利議長(67)=無所属=は9月定例会最終日の25日、辞表を提出せず、続投を正式表明。伊賀上明治氏(62)=同=が緊急動議として議長辞職勧告決議案を提出し、賛成多数で可決されたが、審議を続け閉会した。同町議会事務局によると、議長に対する辞職勧告決議は同町で初めて。


そのほか、松山市などでも揉めているようです。

議長の任期の慣例についてはコメントする立場にありませんのでしませんが、
議長が他の議員の信任を失うケースというのは理屈の上では考えうるところ、
議会自治のフェイルセーフとして、議長の解職のしくみはあってもよいのではないかと愚考する次第です。

それでスッキリしますかね?

戯れ言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鳥取県税条例のヒミツ | HOME | 光ディスク・余談>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |