半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

re: No.51400・余談

本題の方ですが、その後、もう少し見ていて、流れがつかめてきたのでメモしておきます。

まず、一昨日の段階。

「随意契約の公表」で検索すると、京都府がヒットします。
京都府の公表根拠は会計規則で、当該規則を見てみると、根拠条項(第163条の2)は平成18年に追加されています。
ということは、随契の公表の動きはこの頃にあったのではないかとの推測が働きます。

そのような予断を持ちながら、随契の公表についていろいろ検索していると、ある図の中に「財務省通知(H17.2.25)」というのが出てくるのですが、うまく見つけられなかったので、洋々亭には、公共調達の適正化について(平成18年8月25日) を貼りました。

で、今日わかったこと。

公共調達の適正化に関する関係省庁連絡会議 というのがあって、そこで
公共調達の適正化に向けた取り組みについて(平成18年2月24日) がまとめられたということ。一昨日見ていた図も、ここがもとでした。
時期的に、これが、自治体でも公表するきっかけになったものと思われます。

なお、公表の基準となる先の財務省通知は、平成17年2月25日財計第407号と判明したので、「財務省通知(平成17年2月25日財計第407号)」で検索したところ、 ここ で内容を確認できました。

あらためて思うに、

少額随契は、金額という客観的指標で明らかに法定内契約であり、疑義がない。(恣意的分割発注を除けば)
対して、少額でない随契は、理由のところが主観的要件だから法定内契約かどうかに疑義の余地があり、ゆえに衆目にさらす意義がある。(かるびさんのいう牽制も含めて)

公表の要否については、こうした切り口も考えられるかなと。
(とはいえ、「見解」は「証拠」ではないから、おそらく求められている答えではないであろう)

一言 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<近代化改修 | HOME | re: No.51400>>

この記事のコメント

最近のようようていは…。なんか寂しく思うのは私だけでしょうか。

半鐘さんがお開きにしたようなスレッドは,議論が白熱しすぎて喧嘩みたいになるし。

スレ主さんが投げかけたまま,返事もなく放置されるものも多いし…。

アドバイスする書き込みも,むなしく響きます…。
2013-12-18 Wed 16:11 | URL | エビス [ 編集]
まあ、なるようにしかなりませんからねえ。
ただ、放置は困りものですよね。マナー喚起のためには、「スレ主どうした」も一手なんでしょうか。
あと、アドバイスは、あれですよ、「人助けに理由はいらない」と思えばいかがでしょう。また、スレ主の反応がなくても、見ている人にはアドバイスになりますし。
私も最近は書き込むに至りませんが、自分の間合いで付き合っております。
2013-12-19 Thu 00:35 | URL | 半鐘 [ 編集]
なるほど。そう考えればいいですね。さすがです。

スレ主様には「暖簾に腕押し」でも,フォーラムを閲覧している人たちには参考になってるはずですからね。

確かに,考えるきっかけやヒントを与える場にはなってると思います。

ま,フォーラムはあくまでも参考ですから,仕事で根拠を求められた時には「○○亭で言ってたから。」と安易に言わないようにしますが…。
2013-12-19 Thu 12:02 | URL | エビス [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |