半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

1.5段ロケット

官報を見たら、法律が多数公布されておりました。

ああ、また自治体の責務が増えるのだなあ。

降ろす荷もないと過積載だよぅ、などと思う、a hazy shade of winter.



そんな中、ふと気になる一文が。
http://kanpou.npb.go.jp/20131213/20131213g00272/20131213g002720079f.html

   附 則
 (アルコール健康障害対策基本法の一部改正)
第三条 アルコール健康障害対策基本法(平成二十五年法律第百九号)の一部を次のように改正する。
 (次のよう 略)


あれ? そんな法律あったかな? と思ったら、自分自身の改正じゃないか!?

アルコール健康障害対策推進基本計画の策定までと、策定後とで、態勢等を変える模様。
改正法であれば二段ロケットにするところ、制定ゆえ、そうはできない。
そこで、二段目の改正を附則に持ってきたものとお見受けします。

しかしこの手法、ちょっと覚えがありません。
このような場合には、本則は最終的な規定にしておいて、それまでの間は附則で当座の規定に読み替えるものだと思っていました。
気にしたことがないだけで、もしかすると先例はあったかもしれませんが、いずれにしろ珍しいのではないでしょうか。ちなみに、(やはりというべきか)議員立法です。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<re:予算編成の国 | HOME | 地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部を改正する政令案に対する意見募集>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |