半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

余波

【悲報】米、TPPで輸入障壁となる「乾杯条例」の廃止を要求

だそうです。あらら。



話のついでで、いわゆる「乾杯条例」の施行期日について一言。

キリよく、議決の翌月1日からとする例がある一方、議決後、速やかに公布、施行という例も見られます。
最短では、議員提案で議会最終日に上程し、その日のうちに可決、施行という例もあったかと思います。

極めて私見ですが、
こうした場合、条例の周知期間というものをスポイルしているような気がしてなりません。
住民からすれば、全く知らないうちに義務が生じていることになります。
罰則がないから義務ではない・強制力はない、とはいいますが、条例って、そういうものでしょうか?
曲がりなりにも住民の(選択の)自由を侵害し、特定の行為の履行を求めるものである以上、最低限の周知期間が置かれるべきではないかと思うわけです。極めて私見ですけど。

ところで、最後に念のため申し添えますが、本日の記事のカテゴリを御確認ください↓

虚言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スマートプラチナ | HOME | 自治体の法規担当になったら読む本>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |