半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

re:新刊予告

>僕、kei-zu。

そんな風に書かれると

「書かないか」

イイ男に弱い僕は誘われるままホイホイと日本評論社について行っちゃったのだ

という方向の展開が思い浮かぶのですが(ごめんなさいごめんなさい

ともあれ、刊行おめでとうございます。私も、手にする日が楽しみです。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トップページに人口を求めるのは間違っているだろうか | HOME | ふるさと物販制度・2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |