半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

法実務からみた行政法

『法実務からみた行政法』(吉田利宏・塩浜克也,日本評論社)
http://www.nippyo.co.jp/book/6602.html

法学セミナーに連載されていたエッセイが、本になりました。

著者のお一方におかれましては、これで2冊目ですか、すごいなー。
あらためて、御刊行おめでとうございます。

内容としては、国・自治体の立法のヨモヤマということになりますが、
日頃の仕事を振り返るのに良い示唆でありますし、また、
近年の国と地方の法制的な関係の歴史を概観させる点でも、参考になると思います。

なお、私は、連載当時に読んでいたので、中身については概ね承知しているのですが、
当時のものと見比べてみると、進行中だった案件がその結果に置き換わっているほか、
文章もところどころビミョーに変わっているところがあり、手が入っているのがわかります。

惜しむらくは、追加書き下ろしがなかったことでしょうか。
1編ずつでもあればなぁ。
仕方がありません、ここは、セカンドシーズンに期待することにしましょう。

付言B | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<巡り辿る。 | HOME | 暫時休憩>>

この記事のコメント

お取り上げありがとうございます

>手が入っている
あんまり手を加えるのはやめようね、と共著者とは話し合いながら、結構手をいれてしまいました。
オチを書き直してしまったところもあるくらいです(そこかよ

>追加現原稿
初心者向けの用語解説や、ガチで共著者が取っ組み合う書き下ろしの対談があるのでご容赦ください(汗

>セカンドシーズン
な、なんてこと言うんですか(半鐘さん、やりますか?
2014-09-07 Sun 19:22 | URL | kei-zu [ 編集]
言い忘れてました、幕間の書き下ろし対談は、どれもよかったです。

>やりますか?
[しまじろう 糸電話]で画像検索
2014-09-07 Sun 22:18 | URL | 半鐘 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |