半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

絵文字

またまた、ねとらぼさん経由で。

 橋の名称にまさかのハートマーク 岡山県に「備前♡日生大橋」誕生
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1410/03/news090.html

時代の波を感じるねぇ……
最近の若い奴は、マツムシのことをスズムシと言うらしいし…

一瞬戸惑いましたが、慣れました。うん、慣れた。この流れは止まらないね、きっと。

以前、「栗湖」と書いて「マロン湖」と読ませる話もありましたが、行政も世俗化の波には抗えないのかなぁ。


ちなみに、条例において「♡」が使われている例については、自治体法務の備忘録さんで紹介されていたことがあります。

 条例に絵文字は使えるか
 http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20091208/p2

『法実務から見た行政法』(日本評論社)の対話コーナーでも触れられていましたね。

また、自治体法制執務雑感さんでも取り上げられていましたので併せて貼っておきます。

 条例に「絵文字」は入れられるか?
 http://d.hatena.ne.jp/hoti-ak/20091225/1261735818

いまあらためて考えるに、厳密には、「○○の日」という固有の名称の中で使われていますので、それを、引用するような格好である以上、法制執務上の問題というよりは、(命名における)公用文ルールの問題かな、という気がします。
よかった、本当に絵文字を使った条例なんてなかったんだ。


最後に、これを貼っておきます。

 「備前☆日生大橋」つながる(読売)
 http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/news/20141002-OYTNT50285.html

なんで星?(10/4現在、☆になってます)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<条例はどこまで・12 補足 | HOME | リニューアル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |