半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

新 法令用語の常識

『新 法令用語の常識』(吉田利宏,日本評論社)

法学セミナーに連載されていたものが、加筆・修正を経て、めでたく刊行となりました。
林修三氏による『法令用語の常識』の、事実上の後継となります。

はしがきにおいて、著者は、
>新たな林修三氏が育ち新著を編むまで
と御謙遜されています。

確かに、ある意味では、そのとおりかもしれません。
いずれ、法制を究めた方が、あらためてそれらしい解説をすることはありうるでしょう。

ただですね、やわらかい語り口で、より具体的に、こと細かに内容を伝えてくれるのは、吉田氏ならではです。
新たな林氏が現れたとて、吉田氏の代わりになれるかどうか。
そういう意味では、決してつなぎではない、別格の一冊であり、実際には後継でしょう。

特に、国法での用例だけでなく、自治体法制にも触れているのは、ありがたい限りです。
(「勧告」のくだりなどは興味深い指摘です。)

法令用語の基本的なところは、どの本でも共通で変わりないようでいて、
やはり、新しい本には新しい本なりの、得るものがあります。損はないと思いますよ。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ザクとうふ」の哲学 | HOME | 発生主義>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |