半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

公式アカウント

ツイッターにおいて、ゆるめのツイートで親しまれる公式アカウントというのがいくつかありますが、そのひとつであるキングジムさんの中の人が、社内で評価され、社長賞を受賞したそうです。本日がその表彰式でした。

 KING JIM (キングジム) Twitter 担当,社長賞に輝く
 http://togetter.com/li/761903

役所もあんなようなことができないかな、との憧れもあるので、評価されるのをなんとなく嬉しく思いました。

思い返せばその昔(確認してみればほぼ10年前)、「生協の白石さん」というのが注目されまして、ああいったほのぼのにしてウイットに富んだなやりとりが、自治体と住民の間でも成立すればなぁ、と当時は思ったものでした。もっとも、容易に成立しないだろうな、とも思いましたが。
あれは、生協と学生という、ほぼクローズな世界ゆえに相互理解(ないし許容)が成り立ったわけで、相手が無制限となると、難しかろうと。役所が何の工夫もなしにやれば、「ふざけるな」という叱責が来るであろうことは、想像に難くありません。

現に、役所の公式アカウントは無味乾燥で

それでも、夢は見たいなあ。


 宮城地本さんに関しては、もはや別次元ということで。ただ、まずは(自衛隊に)興味を持ってもらう、ということに関しては、十二分に目的は果たしているかと。

なお、知る限りでは、千葉市長さんのツイッターは、割とコミュニケーションがとれている例かと思います(ほのぼの、ではありませんが)。本人アカゆえかもしれませんが。
ともあれ、ツイッターには、新しいコミュニケーションのチャンネルとして、可能性を感じるところです。まあ、私がその立場に立てるわけではありませんし、まして、うまくやれるとは思えないのですけどね。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<毀損 | HOME | ご当地婚姻届>>

この記事のコメント

あけましておめでとうございます。
寛容な世の中であってほしいですね。
といいつつ、自分にとっての寛容が他人にとっての不寛容にならないような感性や矜持も持ちあわせたいところでありますが、これがなかなか。
2015-01-08 Thu 00:04 | URL | nao [ 編集]
今年もよろしくお願いいたします。
>寛容な世の中
ほんと、そうあってほしいです。
2015-01-08 Thu 00:36 | URL | 半鐘 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |