半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

間もなく終点

トッキュウジャー最終決戦。

ゼットの闇のオーラに吹き飛ばされるトッキュウジャーたち。変身も解けてしまう。

ライトがよろよろと立ち上がる。その体から、闇が滲み出す。

「待て! 闇の力で戦うのはやめろ」

「闇が力になるのなら、俺はそれでも構わない」

「情けないこと言わないで!」

「私たちのライトはそんなこと言わない! お願い、闇の力で戦えばきっと負けてしまうわ」

「僕達が頑張ってトッキュウジャーしてきたのは何のためなんだ?」

「でも……」

「鈴樹来斗! お前が何をしたいのか、何をするべきなのか、そして何のために戦うのか、自分で考えろ!」

「……俺達は、イマジネーションで戦おう。みんな、変身だ」

おう!!

こうですか、わかりません。(別の最終決戦と取り違えがあったと思われる)

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<立法政策の企画と立案<第2版> | HOME | 人生……>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |