半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

「税務判例」を読もう!

『「税務判例」を読もう! 判決文から身につくプロの法律文章読解力』(木山 泰嗣,ぎょうせい)を読んでみました。

判決文は、いろいろ読むうちにそこそこ慣れてきましたが、そういえば、「判決文の読み方についての本」は読んだことがなかったなー、ということで手を出した次第です。

判決文を部分々々に分けて、順次解説していくというスタイルで、基礎的なところから説明されていて、わかりやすいと思います。
また、法的三段論法や、判決の射程といったことの説明もされてあります。判決文中の当事者の主張を裁判所の判断と読み違えないように、との注意も身に覚えがあるなあ。

強いて難を言えば、判決文の全文での見本は載っていないため、本書のみではイメージがつかみにくいかもしれません。何かの判決文を前にして、本書を片手に読み解いていく、そんな使い方が合いそうです。

税務判例ということですので、取り上げられている判決は税(国税)ばかりです。学ぶのに、別に税である必要はなかったのですが、読み終わってみると、規範と当てはめという思考をするには、憲法判例を題材とするよりむしろ向いている気もしています。

初心者には、割といい本なのではないでしょうか。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<学問の頂 | HOME | 条例はどこまで・13>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |