半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

歳出予算の款項

歳出予算の款項の区分なんてどこも同じ……そう思っていた時期が以下略。

実際、地方自治法施行規則では、歳入歳出予算の款項の区分を定めてはいるのですが。

第十五条  歳入歳出予算の款項の区分並びに目及び歳入予算に係る節の区分は、別記のとおりとする。
2  歳出予算に係る節の区分は、別記のとおり定めなければならない。

(「別記」については各自小六法等で御確認ください。)

しかし、「別記」を見てみると、自分の団体ですら、微妙に違っていたりすることに気づきます。
ヨソの団体はと見てみれば、やはり、微妙に、あるいは派手に、異なっているところがあります。

いくつか貼ってみると、

札幌市

川崎市

京都市

福岡市

東京都新宿区

とまあ、様々ですね。

異なり方の傾向としては、政令市の例からは、行政組織(部局)との関連がうかがえます。
所管部局と款項が不一致でも構わないはずなのですが、まあ、わかりやすさ優先なんでしょうね。
(ちなみに、スポーツの所管を首長部局に移管したからと言って、目的が総務費に変わるわけではないと思うんですけどね。おっと、誰か来ちゃうかな?)

さて、このように団体ごとで異なっていると、比較ができないという問題が生じます。もっとも、当初予算の目的別の比較にはあまり意味がないので、事実上問題にはなりません。
一方、決算統計においては、全国標準の目的にそろえる(振り直す)作業が必須になります。標準どおりの科目でやっていれば低減できる苦労、ではありますが、まあ、しかたがないですね。

みなさまの予算は、どうなっているでしょうか。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まつばらくん | HOME | re:長いお別れ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |