半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

ゆう活

この国の悪いところは、選択肢を増やすのではなく、ひとつを強いるところだと思ふ。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<巻頭言(第8巻) | HOME | 存在の耐えられない軽さ・2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |