半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

雑記たち

空はあんなに青いのに……という姉さまな気分の日々。



ヤンデル先生の真面目な話
http://togetter.com/li/901196

このような見方をしてくださる方がいるということで、生きていけそうな気がする。


『刀剣乱舞 -ONLINE-』1/8scaleフィギュア 三日月宗近 特設サイト
http://orangerouge.com/mikazuki_munechika/

愛でるに値する美しい細工に、生きていく気も湧く。
いやしかし、すごいですねー。ここまで来ると、「フィギュア」という呼称が似合わない気が。


次にくるマンガ大賞
http://tsugimanga.jp/

お気に入りの作品もちらほらあるので、この際、紹介させてもらいます。

「水玉ハニーボーイ」。これがノミネートされているとは、みな、わかっておるではないか。
どちらかといえば、空気を味わうマンガなので、万人にウケるとは思いませんが、オススメよ?
試し読みは こちら からでも。

「高嶺と花」も、なかなか。
試し読みは こちら からでも。

ちなみに、両者とも、読み切りが好評で、そこから連載に発展したそうです。

「はたらく細胞」は、細胞の擬人化とあって、マーク済み。
内容は高校の生物レベルかな。
試し読みは こちら からでも。
(理系ネタとしては「決してマネしないでください。」もオススメしたい)

「からかい上手の高木さん」
試し読みは こちら からでも。
ただ、これは、「既に」来ているマンガ。何人が悶死したことか。
(悶死と言えば、「つるつるとザラザラの間」もいいです。終わってしましましたが)

さて、エントリーにはないけれどこれから注目したいのは、
「だって小山くんが艶い。」
店頭で試し読みができたので、読んでみたら、いかにも怪しかったので購入。
読んでみても、やっぱり全編おかしい(変だ)。原因はおそらくヒロイン。

……とまあ、マンガもいいけど、マンガ以外の積んでる本もなんとかしたいなぁ。

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あかつき・3 | HOME | 羽のない背中に>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |