半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

○○たい人にお薦めの○○な職場、法規担当課

打ち合わせに参考資料8点もあれば大丈夫だろうと思っていたら同じような資料20点を並べられた
例規の題名から1条目で、条文が頭から朱を入れられていた
足元がぐにゃりとしたのでブルーシートをめくってみると加除式図書が転がっていた
私的諮問機関を企画した原課が呼び出され、目が覚めたら附属機関設置条例が握らされていた
原課に代案を突っ込んで直した、というか差し替えた後から意味とかを説明する
要綱の改正が審査され、改正箇所も「原文も」全部改正された
制度改正からその施行前日までの間に政省令の改正が出ない
条例参考例どおりなら安全だろうと思ったら、参考例の出所が○○○○省だった
自治体の1/3が議員提案経験者。しかも乾杯条例が政策的という都市伝説から「酒どころほど危ない」
「そんなに審査されるわけがない」といって出て行った原課が5分後朱だらけで戻ってきた
「何も持たなければ審査されるわけがない」と手ぶらで出て行った原課が官報のコピーを持たされ改正を要する例規を指摘されて帰ってきた
最近流行っている審査は「小六法」 小六法を手に持って原課に詰め寄るから
住民監査請求は訴訟にあう確率が150%。一度訴えられてさらに控訴される確率が50%の意味
法規担当課における法改正による例規改正は年平均120件、うち約20件が地域主権絡み



ウソダヨー。そんなことはないヨー。
「学び」たい人にお薦めの「素敵」な職場ダヨー。

妄言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<僕と君の大切な話 | HOME | ニュース雑感(2016/3/14)>>

この記事のコメント

こんなヨハネスを楽しめる立場になろうとは、思ってもみませんでした。
2016-03-19 Sat 00:38 | URL | nao [ 編集]
私も、こんな妄言を書くことになろうとは、想像もしませんでしたね。楽しんでいただけたならなによりです。
2016-03-19 Sat 21:32 | URL | 半鐘 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |