半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

疲れからか、不幸にも

地方自治法施行規則の一部を改正する省令案に対する意見募集
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145208873&Mode=0

>平成28年1月
>総務省自治行政局住民制度課

ああ、自分も気をつけなくては。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

年賀

あけましておめでトリございます。

賀状代わりです。
http://natalie.mu/comic/gallery/show/news_id/214976/image_id/699473

http://www.pixiv.net/member_illust.php?illust_id=60694195&mode=medium

そして、これは自分への戒め。 ※曲です。音が出ます。
https://www.youtube.com/watch?v=V_hd3Om4gE0



ちなみに、この曲を作ったノッツさんは、マンガを描く人でもあります。
男女の間合いの、もどかしさ、切なさの描写がうまいなあと思っています。

例えば、短編集
「SONGBOOK」(小学館IKKI COMIX)
https://www.shogakukan.co.jp/books/09188677

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2016/11/27)

1つ目。
大人向けの専門書あります 八戸市営書店開店へ
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161125_21003.html

 八戸市営書店「八戸ブックセンター」(青森県八戸市)が12月4日、市中心部にオープンする。専門書や大人向けの海外文学を中心に約8000冊を扱い、執筆者向けの空間「カンヅメブース」もある。民間書店と一線を画したユニークな試みが始まる。(中略)
 小林真市長が掲げた「本のまち」構想の一環。雑誌や実用書が中心の市内の民間書店25店とは別に、ビジネスになりにくい専門書などを提供し、「本でまちを盛り上げる」(市長)。真新しい本を所有する喜びを味わえる点で、図書館とも性格が異なるという。


大きな書店で、人文系や法学系の書籍がずらりと並ぶ様を見てうっとりするのは、私だけではないでしょう。
本屋さんというのは、そういう魅力のある「場」、「空間」なのです。だから、時折、遠出してでも足を運ぶ。
オンラインショッピングが発達したおかげで、欲しいとわかっている本を手に入れることはできます。
しかし、並んだ本の中に出会いを見つけるようなことは、まして、手に取って自分に合ったものかを確かめることは、本屋さんでなければできません。
あと、図書館にあればいい本と、自分の手元に置きたい本との違い、ってのもありますしね。
そういう感覚を、わかる人とわからない人で、この取組への感想は異なるのだろうな。うん、わからないかもね。

なお、実務的には、既存の書店に手を挙げてもらう方式では、その書店だけに競争力を与えてしまうことになりかねず、よろしくありません。また、赤字補てん的な補助という方式も、法的に難がありそうです。民間のやること、とするには、意外と難しい。
大体、一般の文庫・コミックスでさえ、旬を外すと店頭から消えてしまってるんですよね。ライト文芸やウェブコミックの発掘などで出版点数が多くなるのは、新しい出会いという点ではいいこともあるけれど、それで、置き場に窮して、スタンダード作品が居場所をなくすようでは、よしあしですわ、ホンマ。経営する立場からすれば悩ましいでしょうね。おっと、閑話休題。

いろいろと難しい問題を踏まえて、なお選択した取組。個人的には好意的に見守りたいです。あと、ウラで理屈や手法を考えた方におかれましては、ごくろうさまです。

2つ目。
お菓子でおもてなし 名張市議会が条例制定へ
http://www.iga-younet.co.jp/news1/2016/11/post-72.html

 名張市議会は、菓子を使ったもてなしの普及と菓子産業の振興を図る「『食べてだあこ』名張のお菓子でおもてなし条例」を市議会12月2日の定例会初日に、議員提出議案として提出する。即日採決される見通しで、施行は同日から。


この手のもの、もはやいちいち取り上げてはいませんが、たまたま目に入ったので。
なお、周知期間

3つ目。
「環境省「COOL CHOICE」MOE萌えキャラクターコンセプト&キャラデザイン公募コンテスト(募集第2弾)」の開始について
http://www.env.go.jp/press/103224.html

「あなた、だれ。もしかして、ドッペルゲンガーってやつ!?」
そんな彼女のもとに突如として現れたのは、姿かたちも自分とそっくりな、もう一人の自分。
「わたしの名前は君野ミライ。わたしはあなた、あなたはわたし」


キャラが女子高生なのはコンペの結果だからしかたないネ。
さあて、どんなデザインが集まり、採用されるでしょうか。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

フィボナッチの日

11月22日は「いい夫婦の日」だったそうですけど、
11月23日は「フィボナッチの日」ということでいいですよね!



おまけ。


追伸。数学ガールは未読で、おまけのほうの計算方法は知りません(が、ググると解説記事が見つかります)。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

鳥取中部地震

鳥取中部地震から一週間が経ちました。

場所が、ネット上の知り合いがいるところとあって、心穏やかではありませんでした。
加えて、別のネット上の知り合いが、奇しくも居合わせたのには、さらにビックリでした。
(ついでに言えば、『琴浦さん』でなじみのある琴浦町も、すぐそばだという……)

前者の知り合いさんにおかれましては、しばらくは忙しいと思いますが、
がんばらざるを得ないと思いますので、がんばってください。ただ、健康には気をつけて。

なお、
 東西部も観光客激減 知事「鳥取地震」呼称に苦言
 https://www.nnn.co.jp/news/161025/20161025043.html
ということですので、みなさまもよろしくお願いします。

追伸
熊本方面の読者さんを、当時、心配しなかったわけではないので、念のため。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

地下鉄に乗るっ・2

ねとらぼさん経由。

 相関図が賑やかに! 京都市営地下鉄の萌えキャラに男性キャラクター2人が追加、駅内にはポスターも
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1610/06/news052.html

公式

 【広報資料】“地下鉄に乗るっ”シリーズに新キャラクター登場! ~「小野陵(おのりょう)」と「十条タケル(じゅうじょうたける)」の2名が地下鉄の魅力をPR~
 http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000206106.html

ポリティカルコレクトネス的にも、男性キャラジュルリというのは、よい判断なのではないかとジュルリ

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロゼッタ

彗星探査機「ロゼッタ」、運用を終えるため彗星に衝突 - 12年の探査に幕
http://news.mynavi.jp/articles/2016/10/04/rosetta/

おつかれさま。長い旅をしたモノの最期は、感慨深い。

計画的な衝突というと、月周回衛星かぐやを思い出しますね。もう、7年前かー。

それにしても、妙に「たったひとつの冴えたやりかた」感のある文章ですね、この記事。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

本を開かずに読み取る方法

仕事関係の話をするつもりでしたが、予定を変更してお届けします。



本を開かずに読み取る方法、MITが開発 - CNET Japan
http://b.hatena.ne.jp/entry/japan.cnet.com/news/service/35089009/

こんなの、「星を継ぐもの」(J・P・ホーガン,創元SF文庫)が思い浮かぶにきまってるでしょ!

本を開かずに中を読み取れる装置の発明者が、とあるプロジェクトに呼び出されるところから話は始まる。
「星を継ぐもの」、私はオススメです。



紙面が余るので、シン・ゴジラにまつわる話でも。(ネタバレではない、はず)

巨災対が一人、文科省・安田課長。

どこかで見た顔だなあ、と思ったら、
気象庁特異生物部対策課、通称「気特対」の灰田さんじゃないですか。
気象庁には出向してたんでしょうか。経験者とあっては、抜擢されるのも道理(違う
ちなみに、この課には、もう一人、シン・ゴジラ関係者がいたりします。



さらに余談。

いろいろな検索ワードからアクセスのある拙ブログですけどぉ、
「頑張ったその先にあるのが本当の笑顔」
から来られるとはビックリです。いやまあ、確かにその件で記事、書きましたけど。
こんなワードで検索されたくはなかったなぁ。

で、「頑張ったその先にあるのが本当の笑顔」で検索してみれば、
どうしてウチのブログが一番上にいる?! こんなのありかよぉ……
(追記(9/15) 今日は、2番目でした)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コンビ二

なんやかんやで他部署の計画書案などを見ることもあるわけですが、
昔の習性か、ついつい、審査というか、校正モードに入ってしまうことがあります。

先日は、「コンビニ」と「コンビ二」の違いを指摘してあげました。
フォントが明朝だったから気づけましたけど、ゴシックだったら見つけられたかなあ。

追伸 ググってみると、やはりいますね。間違ってる団体さん。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2016/8/6)

全国地方自治体リンク47
http://www.daiichihoki.co.jp/jichi/47link/

ときどき利用させていただいております。御提供ありがとうございます。
さて、画面左側に自治体法務検定のバナーがありますが、クリックすると、ちょっとアレなことになっていますので、関係者の方が御覧になっているようでしたら、御担当の部署に連絡されるとよろしいかと。

追記(8/8夜) 早々に御対処いただいたようです。さすが!



さすがに紙面が余るので、ニュースでも。

執拗な要求や膨大な情報公開請求…大阪市への「クレーマー」認め賠償判決 大阪地裁(産経)
http://www.sankei.com/west/news/160719/wst1607190058-n1.html

職員への執拗な要求や膨大な情報公開請求により業務に支障が出たとして、大阪市が市内に住んでいた50代男性に約200万円の損害賠償などを求めた訴訟で、大阪地裁が業務妨害的な行為を認定し、男性に80万円の支払いを命じていたことが19日、分かった。


少し前のニュースですが、ブログの過去の記事を見直していたら、この事件(たぶん同じ事件のはず)を紹介していたことに気づきました。

 ニュース雑感(2013/11/21)
 http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-776.html

今般の記事に接したときには、そんなことは忘れていたのでスルーしてしまいましたが、気づいた以上は記事にしておきます。
で、これ、政策法務のうちの争訟法務に当たるかと思いますが、事例ができたことは、よかったのではないかと思います。同種のトラブルの際に参考にすることができます。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT