半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

シン・ゴジラ・2

シン・ゴジラ、日本アカデミー賞受賞、の報に接する。
そういえば、作品の感想を述べていなかったので、いまさらながらですが、ちょっと書いておきます。


シン・ゴジラ? いいよね。
序盤、中盤、終盤、そして“最後の最後”までスキがない。
序盤のコミカル・シニカルさ。
中盤の怪獣映画らしさ(自衛隊との対決)。
終盤の人くささ。
最後の最後に「あれ」。
様々な見せ方で楽しませてくれたし、だから、
人それぞれに様々に楽しみを見出せるのだろう。
(ここ「巨神兵東京に現る」っぽいなー、というメタな感想さえもね。)

そんな中で、細かすぎる好きなシーンはといえば、
泉ちゃんの「幹事長は任せろ」という送り出し。
言外に、ちゃんと帰ってこい、帰ってきて俺と一緒に組むんだぞ、
と言っているわけで、ああいうの、グッときちゃうんだよなあ。ツボ。

それと、立川の事務室で、「既決」「未決」のボックスがあったとこ。
役人はどこにいっても起案で仕事をするのだななどと思いましたまる

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

呉、呉だ、こら

既にあちこちで捕捉されていますが。

 クレーシーゴナクレーシー
 http://www.city.kure.lg.jp/kurechara/index.kureshi.html

しょーもないっつーか、なんつーか。ねえ?

まあ、楽しいと言えば楽しいんですけど、
(いくら払ったんだろう……)
とつい思ってしまうあたりが、我ながら情けありません。

ちなみに、このところ、
『仁義なきキリスト教史』(架神恭介,ちくま文庫)を読んだり、
『この世界の片隅に』を観たりと、
広島には何かと縁があります。

あと、クレと言えば、昔、
クレの太守に右眼をつぶされ、左手を切り落とされて、
そこから、15の次元をまたにかけた冒険をすることになったことがあってだな……
(クレ違いも甚だしい)

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マルとマリ

ねとらぼさん経由

 プロみたいな作品をたった1人で!? 高校3年生がほぼすべて自主制作したコマ撮りアニメが秀逸
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/20/news105.html

 マルとマリ Maru & Mari(自主制作コマ撮りアニメーション stopmotion animation)
 https://www.youtube.com/watch?v=t7yEUtqknpM

これは秀逸。いやいや、実に見事です。
左上に時刻が入っているあたり、Eテレっぽくしてるのでしょうか、芸が細かい。
記事によれば、「ひつじのショーン」などを参考にしているとのことですが、
私は「ロボットパルタ」を思い出しました。
Mozuさんには、その道に進んで、大成してほしいですね。

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ナミキちゃん号

昨晩は飲み過ぎた。つらい。
若き日、ゴート札に手を出してしくじり、岸に這い上がった後のルパンのような状態。
なお、水をくれる少女はいない模様。

まあ、そうでなくても休日の朝はこんなですけどね。 → イメージ画像



長野県の公用車が「痛車」をリリース 中国メディアが報道「さすがは日本」
http://news.livedoor.com/article/detail/12271573/

公式 公用車「ナミキちゃん号」が誕生しました!
http://www.city.iida.lg.jp/soshiki/24/namikichangou.html

うむ、華々しい。ゆるキャラのプリントくらいでは痛車には至りませんからねえ。
また、寄附で頂戴したものというのも、対外的にやりやすいのでは。

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

木根さんの1人でキネマ(17本目)

木根さんの1人でキネマ
http://www.younganimal-densi.com/ttop?id=41

の、17本目。

はてなブックマークのコメントで紹介されていたので、見てみたところ……

アッハッハッハッハッ。たまらない、声を出して笑ったwww これは秀逸。



紙面が余っていることもあり、急遽、追記。

シンケンジャーのwikipediaを見ていたら…

え?

>丈瑠の父:津田寛治
(注 丈瑠=志波丈瑠、シンケンレッド)

えっ、えっ!? 森課長!? えええええええ!?

付言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

小林市PRムービー

ねとらぼさん経由。

 「衝撃のオチ」で話題になった小林市が新たなPR動画を公開 地元高校生が考えたラストがプロ顔負け
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/04/news109.html

 公式 小林市PRムービー第5弾“サバイバル下校"篇を公開しました
 http://cms.city.kobayashi.lg.jp/display.php?cont=161103172352

取組への熱意が並ではないですね。なるほど、出来がよいわけです。
ところで、あれ? 第5弾? と思って辿ってみれば、

 小林市PRムービー第4弾“小林市長ズ「語ろかい!小林」" を公開!(外部リンク)
 http://tenandoproject.com/movie4/

なんという無理矢理な企画www
しかし、出来は悪くありません。こういうのも、おもしろいですね。



おまけ。同じくねとらぼさんから。

 ネコや肉球が道路を走る 文京区の原付ナンバープレートがネコ満載のデザインに決定
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/04/news123.html

 公式 区制70周年記念原動機付自転車オリジナルナンバープレートデザイン決定
 http://www.city.bunkyo.lg.jp/tetsuzuki/zeimu/gentukiorijinarunanba-dezainkettei.html

ううむ、こういう手もあったか。

さらに。

 温泉地モチーフのクロスメディアプロジェクト「温泉むすめ」始動 アイドル活動で温泉地を救う
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/04/news059.html

そうきましたか。ただ、最近は、ふとしたはずみで逆風が吹きますからねえ。扱いが難しそうな気もします。

さらにさらに。

 どれも美麗! 日本郵便の「絵師年賀状」、全11種のイラスト公開
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/04/news039.html

あ、賀茂川さん(京都市営地下鉄のイラストの人)がいる。(それだけなんですが)

ところで、日本郵便のサイトの、これは、いったい……?

  「すべては初夢の シナリオ通りに

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SHELTER

ねとらぼさん経由。

世界的DJポーター・ロビンソンとA-1 Picturesが合作 「Shelter」のアニメMVに涙を禁じ得ない
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1610/20/news113.html

うわあああああ、って声出た(心の中で)。

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガスを安全に使用していただくために

ガスを安全に使用していただくために
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/lpgas/gas_anzen/

我須野さんの明るい毎日。
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/lpgas/gas_anzen/gasunosan/

おっ、おう。(クレームは…つかないんだろうな…)

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

駅前放置自転車クリーンキャンペーン

駅前放置自転車クリーンキャンペーン
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/kotsu/kakusyutaisaku/jitensha/houchi/special/japanese/index.html

おっ、これはこれは。(クレームがつきませんように……)

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第17回MMD杯おぼえがき

【第17回MMD杯本選】Dog Day Afternoon【MMD-PV】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm29451985

 こういうプチドラマがいいんだよ! という一品。

【第17回MMD杯本選】ミクさんたちでマーキュリー計画再現してみた
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm29434971

 人にオススメかというとそうではないのですが、こういうのは見入ってしまいますなあ。

【第17回MMD杯本選】The No Man's Land
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm29449306

 渋い。

【第17回MMD杯本選】Penumbra
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm29432081

 話がちょっとわからない、というのが正直なところですが、とはいえ、表現力と独特の世界には圧倒されます。(この人は過去作も逸品ぞろい)


でもこういうのって賞はとれなかったりするんだよなーと思っていたら、どれも何かしらの賞を得て、見てる人は見てるね、と嬉しく思う。

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT